驚愕! 不動産業者の囲い込み!!

こんにちは。
都島・旭・城東区マイホーム売却センターの小原です。
今日は、不動産業者の囲い込みについてお伝えします。

不動産業者は、お客様に家を紹介したり売却する事が仕事であり、購入や売却ができた時に得られる仲介手数料が大きな収入源となります。
もしも、売主様から預かった家を、自社のお客様に購入していただいた場合には、売主・買主の双方から仲介手数料を得ることができるので、一つの仕事で2倍の収入を得ることになるのです。
その為に、大手不動産会社を含めた多くの不動産業者は両手仲介を狙っています。

両手仲介を狙うために行われるのが囲い込みという悪しき手法です。

囲い込み

囲い込みとは、売主様から売却依頼を受けた不動産を、自社で抱え込んで、他の不動産業者に契約をさせない行為を言います。

『でも、専任媒介契約で依頼したら、物件情報を指定流通機構(レインズ)へ登録する事が義務付けられていると聞きましたよ❓』

その通りです。確かにこんな風に指定流通機構に登録はされています。

書面による購入申し込みあり

ここの不動産業者に電話して、「この物件を買いたい人がいるのですけど・・・」と伝えると、

「もう買付申込が入っているので案内できません!」と断られてしまいます。

他にも、図面を添付していなくて、問い合わせをすると

「すみません、まだ図面作成中の為に案内はできません!」となります。

売主様のデメリット

やはり買主を紹介できる不動産業者が1社しかないケースと、すべての不動産業者が買主を紹介できるケースを考えると、売却のスピードは当然に後者の方が早くなります。
また、売主は高く物件を売りたいと願いますが、買主は安く物件を買いたいと考えます。双方の利益が相反する場合に、その間を仲介する不動産業者が1社しかない場合には、どちらを見ると思いますか?

ほとんどの不動産業者は買主の方を見ています。

なぜなら、買主は複数の不動産業者を訪問して購入する家を探しています。
でも、売主は専任媒介契約を締結していると、少なくても3カ月は他の業者へ依頼する事ができなくなります。

仲介業者の営業マンは、売上ノルマがあり、自分が対応したお客様を逃すわけにはいかないので、買主の意向に沿って価格交渉をする傾向が強いです。

よって、囲い込みのデメリットは、売却できるスピードも遅く、安い価格で売却されてしまう事となります

売却専門の不動産業者なら安心

最近は、売却専門の不動産業者も増えてきています。
そのような業者は、囲い込みをせずに、すべての不動産業者のネットワークを使って買主を探しますので、損をせず、早く・高く不動産を売却する事が可能です。

☆売却価格を知りたい方は
お気軽に無料査定をご依頼ください☆

マイホームの売却無料査定はこちら

関連記事

  1. 不動産屋さんの「お客様がいます」チラシ

  2. 司法書士報酬に・・・