司法書士報酬に・・・

お世話になります。
都島・旭・城東区マイホーム売却センターの小原です。

不動産を購入・売却するときの費用には、司法書士の先生へ支払う「司法書士費用」という項目があります。

これは、法務局に登記されている名義を、今の所有者である売主から新しい所有者である買主に変更する手続きやその際に発生する登録免許税の支払い等を司法書士へ依頼する費用となります。

つまり不動産売買の際には、必ず必要な費用となりますので、不動産業者は、お客様に司法書士を紹介する事となります。

この際に、司法書士からキックバックを受け取っている不動産業者もいます。
しかし、司法書士は仕事を紹介してもらう代償としてキックバックを支払うことは禁止されています。

キックバックの仕組みとしては、本来の司法書士費用10万円だとしたら、5万円上乗せした15万円をお客様へ請求して、司法書士から不動産業者へ5万円が支払われることとなります。

つまり、お客様が本来は不要な5万円を負担していることとなります。

先日もある司法書士さんが「キックバックを差し上げるので案件を回してほしい」と飛び込み営業をしていました。
私は、いつも依頼している信頼できる先生がいるので丁重にお断りしました。

その後、ある大手の不動産業者と不動産の取引をする機会があったのですが、なんとその大手不動産会社が依頼している司法書士がキックバックの司法書士の先生でした。(取引後、またその先生から営業の電話が来ましたがお断りしています)

ほとんどの司法書士さんはルールを守っているとは思いますが、

大手の不動産業者でも、司法書士費用にキックバックを上乗せしてお客様へ請求しているケースがあるという事です。

皆様も、不動産売買の際には、大手だから安心だとは考えずに、本当に信頼できる不動産業者や、司法書士の先生に依頼する事が大切だと思います。

以上

不動産の無料査定は、都島・旭・城東区マイホーム売却センターにお任せください!

賃貸マンションの管理:https://oharahudousan.info/
収益不動産の売買:http://www.oharahudousan.com/
住宅ローンに困ったときのあなたの街の相談窓口:ホームぺージ製作中
都島・旭・城東区マイホーム売却センター:https://baikyaku.center/
知的障がい・発達障がい児の住宅相談センター:https://syougaiji.life/
知的障がい・発達障がいのある子ども達のフットサルコミュニティ:http://syougaiji.club/

 

 

 

関連記事

  1. 驚愕! 不動産業者の囲い込み!!

  2. 不動産屋さんの「お客様がいます」チラシ