不動産屋さんの「お客様がいます」チラシ

このマンションを高値で買いたいお客様がいます!

よくこんなチラシがポストに入っていることがあります。

実は、このようなチラシは基本的には嘘のチラシです。
住み替えを考えている住民の方の売却意欲を掻き立てて売却依頼を獲得することが目的です。

いったん問い合わせをすると、すぐに不動産会社の担当者がやってきて、購入希望者のお客様がどのような方かや、購入動機等を具体的に作りこんで、いかにも信憑性の高い話であるかのように錯覚させて売却の媒介契約を締結します。

仮に売出価格2000万円として、うまく売却できれば売主様から仲介手数料66万円(税別)をいただけますので、チラシの費用対効果は高いです。

でも本当にお客様がいるわけではないので、これから購入のお客様探しが始まります。
前のブログにも書きましたが、一般的に不動産業者は両手仲介を狙います。
両手仲介だと132万円の売上があがりますし、さらに購入者からリフォームの受注を取れると、一つのチラシから数百万円の利益を出すことも可能となります。
ですので、他の不動産業者へはこの物件の情報は出しません。

中々、お客様が見つからないときには、お客様がまだ検討している所だとか、住宅ローンの審査が長引いているとかの理由をつけて、引き伸ばしていきます。
万一売れなかっても、お客様が間取りを気に入らなかったとか、住宅ローンが難しかった等で言い逃れをすることもできます。
もちろん、このような広告の仕方は違反ではありますが、実際に違反を証明する事は難しいでしょう。

この手法は大手の不動産会社でも普通に行われている手法ではありますので、チラシの裏側の狙いを知って依頼をしないと大損をしてしまう事もあります。

大手だから安心というわけではなく、信頼できる不動産会社かどうか本当によく考えて依頼をする必要があると思います。

以上

不動産の無料査定は、都島・旭・城東区マイホーム売却センターにお任せください!

賃貸マンションの管理:https://oharahudousan.info/
収益不動産の売買:http://www.oharahudousan.com/
住宅ローンに困ったときのあなたの街の相談窓口:ホームぺージ製作中
都島・旭・城東区マイホーム売却センター:https://baikyaku.center/
知的障がい・発達障がい児の住宅相談センター:https://syougaiji.life/
知的障がい・発達障がいのある子ども達のフットサルコミュニティ:http://syougaiji.club/

関連記事

  1. 驚愕! 不動産業者の囲い込み!!

  2. 司法書士報酬に・・・